緊急事態宣言に伴う当院からのお知らせ

本日、緊急事態宣言が発令されることになりました。
当院では、診療時間の変更と、完全予約制にしての営業継続をいたします

ご来院前に下記をお読みの上、ご協力とご理解をお願いいたします。

先ず、動物病院という場所は3蜜(密閉、密集、密接)を起こしやすい環境です。
そして、現在、狂犬病予防接種やノミ・マダニ、フィラリアの予防の時期となるため、1年の中でもとりわけ込み合う時期になっています。
区の集合接種も時期未定で延期されたため、毎年集合注射で接種されていた方が動物病院に来院されているケースも増えています。

そして、これまで新型コロナウイルスの感染について分かってきたことがいくつかあります。
一つは、普通に生活しているだけではそれほど感染しないのではないか、ということ。
もう一つは、クラスターという小規模の集団的発生が目立つということ。
このクラスターの発生の条件が3蜜であること。
なので、現在は3蜜を避けるように、各自の行動を見直してという要請がなされている状況です。

動物病院は、海外で都市封鎖(ロックダウン)されている場所においてもEssential Businessとして認められ、営業が続いています。
私たちもペットの健康を守るため、緊急事態宣言発令中は、獣医師会から出されたガイドラインも踏まえ、下記のご協力をいただきながら診療を行います。

<人との接触を避けるために>

●完全予約制にします

 来院前には必ずご予約のお電話をお願いいたします。
 ご予約なく来院された場合、緊急の場合はできる限り対応させていただきますが、事前にご連絡をお願いします。
緊急を要さないと獣医師が判断した場合は、予約の空いている時間をご案内いたしますので、予約をお取りいただいた上での来院をお願いいたします。

●診療時間を変更します

 緊急事態宣言の発令中は、日曜祝日の診療時間帯にて診療を行います。
 午前は9:00~12:00、午後は14:00~17:00です。
 不要不急の手術等は控えるように、という獣医師会からの通達も出ています。
通常、当院では12:00~16:00の時間帯をお昼休憩と手術や検査の時間に充てております。
緊急事態宣言発令中に治療のための手術が必要と判断される場合には、診療時間後での手術対応とさせていただき、日中は診療のみ行います。

●飼い主様はお一人で、健康な大人の方がお越しください

 待合室へお入りいただく人数を制限することで、3蜜の回避をしたいと考えています。
 また、下記に当てはまる方がお越しください
 ・発熱がない
 ・呼吸器症状がない
 ・新型コロナウイルス肺炎の感染者と濃厚接触をしていない
 ・渡航歴がある方は、帰国後2週間以上が経過している
 ・カラオケやライブハウスなど、密室密接環境に出入りしてから2週間以上が経過している

●問診は待合室で行い、動物をお預かりして診察を行います

 診察室は「3蜜」の環境になってしまいます。
 当院は扉を入ると受付を挟み左右に待合室が分かれており、それぞれに診察室がありますので、飼い主様と獣医師が距離を取りつつ、待合室で問診を行います。
問診に基づき診察を行った後、飼い主様とお話しし、治療についてご相談いたします。

●トリミングの数を制限します。お迎え時間も指定させていただきます

 現在、トリマー2名でのトリミングを行っているため、トリミング室には2名+犬2頭という状況です。
スタッフ間の距離を取るため、また、通勤によるトリマー自身の感染リスクを減らすため、トリマーの出勤は1名に縮小します。
また、診察にお越しのお客様との接触の機会を避けるため、お迎えの時間も指定させていただきます。

<感染を広げないために>

●当院入り口で、手指の消毒をしてください

 アルコールスプレーを置いています。消毒してからお入りください。

●マスクの着用をお願いします

 マスク着用の効果の有無については様々な議論があるようですが、マスクをしないよりはしていたほうが良いという判断がなされています。リスクを減らす、という目的のために来院の際には着用をお願いします

●キャッシュレス決済をお願いします

 お札やコインからの感染リスクも取り沙汰されております。
 当院でも現金を極力扱わないようにしたいと考えていますので、キャッシュレスでの決済をお願いいたします。可能でしたら、クレジットカードではなく、スマホ決済や非接触型ICでの決済をお願いします。

当院で可能なお支払い方法は、クレジットカードに加え
非接触型IC交通系IC、ID、QUICPay、nanaco、waon、楽天Edy
スマホ決済楽天Pay、PayPay(QRコード)

<当院でのその他の対策について>

●当院では、スタッフもマスクを着けて診療を行います。
●病院入り口にはアルコールスプレー、待合室には空気清浄機を設置しています。
●診察・お会計ごとに受付と扉の取っ手、診察台を次亜塩素酸系の消毒薬で消毒します。
●スタッフの数を縮小して、診療いたします。
 4月からは育児休業明けのスタッフの復帰予定もあり、毎日4~5名体制で診療とトリミングを行っていく予定でしたが、スタッフ間の密接を防ぐため、また通勤時のスタッフの感染リスクを少しでも減らすため、3名に減らします。

<予防薬と継続して必要なお薬について>

●ノミ・マダニの予防薬は、ペット同伴でなくても処方します

 本来は診察を行ってからの処方ではありますが、完全予約制で、スタッフ数を60%に縮小させての営業継続につき全てに対応できる状態ではなくなることが予想されます。
 しかしながら、4月からノミ・マダニの予防は必要であり、これらの虫の寄生によってペットの健康が害されてしまうのは本意ではありません。
 そこで、緊急事態宣言発令中は、ペット同伴でなくても処方いたします。
病院での滞在時間縮小のため、事前にご連絡を#C7243Aお願いいたします。

●フィラリア薬については、原則として診療後の処方です

 フィラリア薬の処方前には、フィラリアに感染していないかの検査を行っています。
 そのため、診療が必要となります。
フィラリア予防の時期は5月中旬からです。
緊急事態宣言は現時点で5/6までの予定ではありますので、少し時間的な余裕はあります。ご予約いただき診療にお越しいただくか、今後の動向で来院をご検討ください。

●継続してのお薬は、郵送対応も行います

 心臓病のお薬、皮膚病のお薬、てんかんのお薬など、体調の維持のために必要なお薬があるペットについて、体調をお伺いし、状態が安定しており、検査が必要ではないと判断される場合は、ペット同伴でなくてもお薬の処方をいたします。
アニコム損保さんにご加入の場合も、特例措置でペットの同伴なしでの保険適応が可能となっています。

お薬を取りにいらっしゃる場合も、郵送ご希望の場合も、必ず事前にご連絡をお願いいたします。来院される場合は、お時間をご相談させていただきます。

お電話もしくは、メールにてご連絡をお願いいたします。
メールは、継続のお薬の方用に専用アドレスを用意しました。
詳しくはこちらのページよりご確認ください。

継続薬専用アドレスのご案内