• mixiチェック

猫のキャリーの選び方

■2017/02/17 猫のキャリーの選び方
先日、猫専門の獣医師である服部幸先生のセミナーを聴いてきました。

病院に行く時にストレスを少しでも減らすための工夫についてもお話されていましたので、何回かに分けて書いていきたいと思います。

先ずは”キャリーの選び方”

動物病院へ行くときのキャリーは以下のようなものが望ましい。

●プラスチック製
●上下に外せる
●扉も外せる

↑こんな感じのモノです。

◯プラスチック製であると・・・
 ・猫ちゃんが中で粗相してしまっても洗える
 ・猫ちゃんが出入りする時に爪が引っかからない
 ・自立する

◯上下で半分に外せる/扉が外せると・・・
 ・猫ちゃんを無理に引きずり出さなくて良い
 ・上だけ外して診療できる

診察室でキャリーから出るということも猫ちゃんにとっては大きなストレス。
「出る」ことをしなくてもいい、それだけでストレスを減らすことができますね^^


キャリーのサイズ

「スフィンクス座りをした時の手先~お尻まで」

ユメちゃん(看板猫)のスフィンクス座りは撮れなかったので・・・
お馴染みグラちゃんでいうとこのサイズ。

 
小さすぎると窮屈だし、大きすぎると猫ちゃんが不安に感じてしまうので、このサイズを目安に選んでみてくださいね。
 

キャリーの置き場所も大事なポイント!

猫ちゃんの生活スペースに置いて、キャリーに入ることに慣れておくと、病院に連れて行くときもスムーズです。

日頃からキャリーでオヤツを与えるなどするといいですね^^

キャリーのお話はここまで。
次回はタオルのお話をしますね!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
西ヶ原ローズ 動物病院
http://rose-vet.pro/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都北区西ケ原1-25-3
TEL:03-6903-4983
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆